注文住宅のメリット

フルオーダーの注文住宅の場合

夢のマイホーム。考えていると「キッチンは調理台を広めに確保したい」「居心地のいい書斎が欲しい」「トイレは二つ欲しい」などなど、まさに十人十色でいろんな希望が出てくるものです。0から全てを決めていくフルオーダーの注文住宅の最大のメリットといえば、そんなこだわりを可能な限り全て取り入れて世界に一つだけの家を造れるということでしょう。

とはいえ、現実的には予算という問題もありますよね。その点、全てを決められるということは、「壁紙はあまりお金をかけずに」などと費用を抑える部分も自分で選択できるわけです。とことんこだわる点と、反対に妥協する点、そのバランスを自分たちに合わせて自由に調整できるのもフルオーダーの良さでしょう。

セミオーダーの注文住宅の場合

一般にセミオーダーの注文住宅の場合、フルオーダーに比べれば費用は抑えられるようです。フルオーダーの場合、例えばキッチンに絵付タイル選べばそのタイルの組み合わせ方まで決めることができますが、そんな具合に家中のあらゆることを決めていくには、相当な時間と労力が必要です。その点セミオーダーならある程度の枠が決まっているため手間のかかり具合が違います。一方で既に完成している建売住宅に比べれば、セミオーダーには自分たちに合わせて間取りや部屋数、設備などを決めていく自由さがあります。

セミオーダーの規格内である程度要望が叶えられるなら、手間と自由と費用のバランスで、フルオーダーと建売のいいとこ取りができるのがセミオーダー注文住宅の良さといえるでしょう。