注文住宅が向いている人

住まいには徹底的にこだわりたい人

「マイホームを購入したい」という人にとっては、建売住宅にするかそれとも注文住宅にするかを決めるのは大変重要なことといえるでしょう。ある程度の予算が確保できて、住まいに対するこだわりや要望が大きい人は、注文住宅を選択するのが良いかもしれません。注文住宅の特徴は、住む人のわがままを反映させることができる点です。そのようなことができるのも、注文住宅では設計段階から内装やインテリア、間取りなどの詳細も購入者が意見を出すことが可能だから。キッチンやトイレ、収納スペースにエクステリアなど理想的な住まいを具現化することも楽しみの一つといえるのではないでしょうか。大切な家族が多くの時間を過ごすだけに、住まいには徹底的にこだわりたいものです。

アフターサービスやメンテナンスが気になる人

購入後のアフターサービスやアフターフォロー、メンテナンスなどが気になるという人も注文住宅が向いている人といえるのではないでしょうか。念願のマイホームが入手できたとしても、後からさまざまな問題が生じるケースも少なくありません。その点、あれこれと打ち合わせを行ってから建設に着手することになる注文住宅であれば、安心感という意味でも問題はないでしょう。子どもやお年寄りなどの家族がいる方にとっても注文住宅の方が向いているといえます。子どもの泣き声や遊んでいる時に発する大声は近所トラブルの原因にもなりかねないため、防音性を強化する取り組みも有用です。また、高齢者のために段差をなくしたり、手すりをつけたりすることがしやすいのも注文住宅です。