建売住宅のデメリット

自由な家づくりは難しい

家を購入する方法としては、土地と込みで比較的安く購入できる建売住宅を選ぶという方法もあります。こうした住宅にはそれなりのメリットもありますが、やはり購入する際はデメリットも知っておく必要があります。家の設計は自由にしたいと考える人もありますが、自由設計ではなく規格も決まっていますので細かな要望も叶えたい、できるだけ理想の家にしたいという場合には向いていません。オプションを入れることもできますが、それでも大幅な間取りの変更などは難しいものがあります。そして、近隣も同じような建物が並ぶ場合もありますので、他とは違う個性的な家を持つことは難しくなります。さらに建売住宅の場合は隣家との距離が近くなることもデメリットといえるでしょう。

建築の様子が確認できない

注文住宅の場合は、建築中の様子を確認しやすいというメリットがありますが、建売住宅の場合は建築中の様子を確認することは困難です。それゆえ、工事の質が良いのか悪いのかを判断することは難しいといえるでしょう。設備を追加する際などは多額の金額が必要になることもありますので、必要な設備が備わっているかどうかも確認しておく必要があります。そして、将来家族が増えた場合などは注文住宅の場合は比較的増改築がしやすくなっていますが、建売住宅の場合は増改築がしづらいということも理解しておきたいところです。建売住宅は安く購入できるのが魅力ですが、もともとローコストの資材が使われていますので、将来的には修繕などで多くの費用が発生する可能性もあります。