建売住宅のメリット

実物を見て気に入れば即購入可能

建売住宅のメリットといえば、実物を自分の目で確認することができるという点です。実際に家の中を見学することが可能なため、収納や部屋の配置などを確認しながら、住むことになった場合のイメージを膨らませやすいのも魅力的なポイントです。また条件に合う家が見つかった場合、見学してすぐに購入することができます。一般的に注文住宅の場合は、土地がなければ土地から選び次に建物のことを考えるため、入居を開始するまでにはかなり時間がかかります。その点完成済みの建売住宅の場合は、契約後に状況が整えばすぐに入居することも可能です。入居までの期間が少なくてすむのは、一戸建てを購入することが決定していてすぐにでも引っ越したいと考えている人にとっては大きなメリットとなります。

便利な立地であることが多い

一般的に建売住宅は、注文住宅と比較して立地がよいと言われています。建売住宅は、1棟のみポツンと建っているということは少なく、大きな敷地に複数の住宅が建設されていることが多いです。そのため住宅を販売する会社側としても、あまり立地のよくない土地に何棟も住宅を用意して、売れ残ることを避けたいため、まず住宅を建てる土地についてはよく吟味する傾向にあります。立地がよければ住宅は売れやすいと考えられており、会社側としても赤字を負うリスクを減らすことができます。また立地のよい建売住宅は、売却しようと考えた時に比較的高値が付く可能性があります。さらに建売住宅は基本的にファミリー層を意識した定番の間取りで設計されているため、注文住宅に比べて買い手がつきやすいというのもメリットの一つであると考えられます。

よい間取りの条件には、家具のレイアウトがしやすいことや、家事動線がコンパクトであることなどが挙げられます。